dadaなら、TNFCのランキングすると考えただけ。

まず、上位のランキングは、決勝、準決勝、本選予選そのままで。
(欠場者については、それぞれの最下位)

問題は、本戦に出場していない選手のランキング。
各予選会場によって、課題の難易度にばらつきをどう考慮するかがポイント。

この問題については、地区予選をランキングすることによって解決。
まず、24位までの選手にポイントを付ける。
1位→24P
24位→1P

そして、そのポイントを、出場した地区予選ごとに合計する。
すると…
AKB→65P
BC→58P
JAM→57P
山口→47P
KO→28P
osaka→25P
Zi→21P
ノース→2P
となる。

あとは、この順番で地区予選のリザルト順を並べていけばいいだけ。

…文書にするとわかりづらいなwwwww

ちなみに計算に使ったのは、D3のリザルト。
D1、D2のリザルトを使うと、また結果が違うかもしれない。


単独のコンペならこれでいいのだけど、提携コンペが出てくると、それはそれで、またややこしくなってくる。
事務局は、どう解決するのか…非常に楽しみ!