七転八登

NO CLIMBING, NO LIFE. Never up , Never catch.

クライミング4th

クライミング4th 170回目(THE Final)

最後のクライミングは、ストレッチ20分、登ったのは30分だった。

これでdadaのClimbing 4th seasonが終了する。

トータル回数は170回。
密かに目標としていた200回には、遠く及ばなかった。
まぁ、回数登ればいいってもんではないのはわかってるww

BLoC2011 round 5(INFINITY)のミドル2位という、これ以上ないスタートを切った、今シーズン。
これまで以上にいろいろなことがあった。



…?
…なにがあったっけ?

回数にも表れている通り、レストが多かった。
前シーズンよりも、さらに多くのコンペに参戦によるレストは致しかたないとして、病気、故障によるレストが多かった。

現在抱えている故障は、両肩腱板炎、左手小指パキ、右手中指と薬指パキ。
患っているのは、坐骨神経痛wwwww

それ以外にも、肉離れや突き指、蜂窩織炎…
数えだしたらキリがない。
…ほんと、お祓いに行ったほうがいいのかもしれないってレベル。

コンペについては、魁!!しんたカップマーブーダイナマイトOZコンでは、満足いく成績を残せた。

一方、予選をトップで通過して、決勝ビリという辛酸を舐めたコンペもあった。
そういえば、スケジュールが合わず、リードは群馬カップのみだったな。

そして、強くなる方法を模索して、Tondeの講習や千葉トレも受けてみた。
…効果については、dada語る言葉も実績も持ち合わせておりません。

ひでぽんからのプレゼントやNEW shoes、体重目標達成に、人生初の体脂肪率9%、たくさんの新しい出会い…
書きたいことは山ほどあるが、明日はコンペ。
準備もまだ終わってないし、早く寝ないとwww

明日からの5th season、コンペだけでなく、もっと外岩、リードも頑張らねば!
そして、もっと強くなる!!
そのための準備は、着々と進めているが、それはTOP SECRET!!!!!!。


今シーズンも、たくさんのみなさんにたくさん遊んでいただきました!
本当にありがとうございます!
これからも、よろしく遊んでやってください!お願いします!

クライミング4th 169回目(入間の現実)

TheNorthFaceCup2013
本戦(準決勝)@Base Camp

昨日と同じムーブで入間へ。
駐車場でも昨日と同じ注意事項を聞かされる。
『アルプスで買い物、横断歩道を使え』
昨日と違ったのは、渡された『駐車票にレシートを添付して返す』こと。

車を停め、会場に入るとすでに準決勝が始まっている。
昨日とは違い、ライトアップされた壁は、いい雰囲気だった。

ustream配信で忙しそうなF枝さんには、あとで挨拶するとして、さっそく豆大福を食べながらオブザベ。



…昨日の予選で全完が10人もいたから、ある程度、課題が厳しくなことは予測してた。
でも、課題の難しさは、その予測を軽く上回っていた。
課題はA〜Hの8課題。
大ざっぱにタイプを言うと、簡単めな4課題は、バランス3課題、パワー1課題、難しめの4課題は、バランス2課題、ランジ2課題。
(感じ方は人それぞれなので、異論反論は受け付けない。)

前のクラスと課題が被っていることもあり、みんなの登りを見て、勉強させてもらう。
U12の子たちが登っているのをみて、自分もやれそうな気になってきた(勘違いの始まり)。

さらに女子のD1と課題が全く重なっているので、かおり姐さんとオブザベしたり、まなぷぅやミクちゃんに教えてもらったり。
さらにやれそうな気がしてきた(ドツボの始まり)。

アップ中のジャイーン姫を愛でつつ、ピスタに集中力を乱されながら、軽くアップを開始www
ちょっと早めにロキソニンもどき×2を、す先輩から頂いた『おわびのレッドブル』で投与。

女子D1が始まり、dada自身の勘違いに気がついた。
できると思われていた課題で、BLoC女子の強者がポロポロ落ちとる…(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

最終的なプランとしては、8課題中、下のクラスとかぶっている4課題をなんとか2アテンプト以内で片付けて、難しい4課題はボーナスコレクトをする…とした。

いよいよ、準決勝スタート!
D3とD4の混合。

最初の課題B、順調にK2まで行ったが、K2(極薄カチ)をつかんで、確信した。
「…8課題、全部簡単じゃない。」
…落ちた。

とりあえず、次の課題へ。
垂壁(スラブ?)の課題Aだが、これは一撃しておかないと…
…落ちた。

ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

想定範囲内だが、ショックはデカい。
並びなおして、なんとか完登。

次!
プッシャーの三日月みたいなボテを使ったバランシーな課題C。
このホールド大嫌いなんだわ。
…落ちたK1。

よーし!ドっかぶりのピンチ課題D!
この課題、かおり姐から『2回トライして、ダメなら諦めな』と言われていた課題。
一手目つかんで、おっしゃってた意味がよくわかりました。
…落ちた。

これで、簡単じゃないけど簡単めな課題は全て手を付けた。
もう予定の2アテンプト以上している課題もあるが、とにかく完登が欲しくて、課題BとCを再チャレンジするも、どちらもK2まで。

そして、課題Dをラストの2アテンプト目。
2手目のマッチさえ堪えれば、K1取れる。
ミクちゃんからのガンバに後押しされ、なんとかK1取るも、K2に届かず。
…落ちた。

できない課題ではないが(負け惜しみ)、時間があるうちに他の課題に手を付けたほうが良さそう。
まだ、一切手を付けていない難しめの課題へ。

難しめの課題E〜H、可能性がありそうなのはFとG。
まずは、唯一止められそうなランジ課題G。
ガバtoガバ!
これは止めたい…でも、止まらない。
どこからともなく、dadaへの「ガンバ」が聞こえた…気がした。
意地になって、跳びまくり!
5回目くらいかな?

…止まった!

でも、そのあとのボテについたスローパー止められず。
…落ちたK1。

んで、バランシーでもパワーが要りそうな課題G。
このブッダのデカいの嫌いだわー…
…落ちた。

この2課題で、かなり肉体的ダメージが…

よし!
もう、難しめの課題はいいや!
課題BとCの完登を目指す!

薄被りのバランシー課題C。
プッシャーの持ち方を間違えなければ、次の一手が出せる。
アテンプト数は忘れたが、満足できる持ち方ができた!
K2保持して、右手を終了点前のスローパーへ飛ばす。
…悪りぃ…
それでも、こらえて右足を右壁についているジブに置かないと…
右足を思い切り開く…
…!
改めて、自分の股関節の硬さを思い知らされるとともに、初めて、チノの引っ掛かりを感じた。
…落ちたK2。

ああああぁぁぁぁ…もうぅぅぅ!

まさに、こんな感じwww
でも、コツは掴めた!
次のアテンプトにかける!

K2までは問題なく進む。
こっからだ…
右手をスローパーに送ってから、右足を右壁に送る…


…やっぱジブに届かない…(/TДT)/
ここでも「ガンバ」に背中を押された!
こうなったら…

スメアwwwww
右足が届く位置に思いっきり右足ベタスメア!

そのまま、スローパーマッチしてから、右手終了点。
ここで初めて、ジブに右足を乗せるwww
マッチ…完登!
思わずガッツポーズ!
なんか、すっぐぇー嬉しかったwwwww

ジャッジだったPUMPの方には、「足、怖かったーwww」と言われるほどギリギリだったwwwww

この勢いで課題Bも完登したい!
けっこう並びが長い…残り時間を考えると1アテンプトか?

世界のアキト松島にブラッシングを要求www
その甲斐あってか、K2(極薄カチ)とって、ヒールでバランスとりながら極薄ポケット…ゲト!
このまま、身体を上げ…パチっ!
抜けたぁーーー・゚・(ノД`;)・゚・
…落ちた。

まなぷぅからムーブ情報を教えられ、ラストチャンスに賭けて並びなおす。
最後まで諦めない!

しかし、現実はそう甘くない。
dadaの目の前でタイムアップ…
dadaのTheNorthFaceCup2013が終了した。

出し切った。
ウソ偽りなく、今現在のdadaのbestを尽くした。

発表されたリザルトでは、あと2完していれば、ひっかかっていたかもしれない。
まぁ、その差がデカいのだがwww

結果には、決して満足はしていない。
でも、不思議とテンションが上がってきた!
もしかしたら、dadaにとっては凄い転機になるコンペだったのかもしれない。


最後に出場された選手、コンペスタッフのみなさん、お疲れ様でした!
素晴らしいコンペだったと思います!
(…ただし、dadaにとっては)
次回も色々な意味で楽しみにしています!
ありがとうございました!

クライミング4th 168回目(入間の奇跡)

TheNorthFaceCup2013
本戦(予選)@Base Camp

5:30にアラームをセットして、5:00に起床。
…え〜…じじぃですから。

前日、飲み過ぎて準備をしていなかったので、そそくさと準備。

体重を測定して、微妙だったので、予定よりも少なめの朝食。

弁当を作って、余裕のコーヒー…をしていたら、渋滞情報がヤヴぁ過ぎる!
高速を使うつもりだったが、連休初日と事故で動かないらしい。

下道しかない…
予定より早めに家を出る。

下道も渋滞が始まっていたが、naviを駆使して渋滞回避。
おかげで、10時着の予定が9時に着いたwww

かなり早く着いたのだが、BCの駐車場はすでに満車…Σ(゚д゚;)
向かいのスーパー、アルプスは9:30open。
BCで手続きをして、時間を潰す。

20分ほど待って、アルプスの2F駐車場へ。

とりあえず、受付は11時からなので、なにも持たず会場へ。

10時に豆大福を食べながら、オブザベ開始。


…登れる気がしね。
てか、ホールドがよく見えない(老眼

もう、見てても無駄。
車に戻って、着替えて、荷物を持って、受付。

入念にupしながら、前のクラスの登りをみて、オブザベの確認。
どうも、前のクラスとかぶっている課題は一撃しないと不味そう…

そんな、ガラにもないことを考えていると、RaBのF枝さんが明日の中継の準備のためにいらっしゃってた。
「今日はdadaさんの登り見なくてもいいでしょ?明日、見るしw」
軽い…いや、全然軽くないプレッシャーをかけてくださったwwwww

そうこうしているうちに、予選スタート!
予定通り、列の先頭をキープして、最初の課題を一撃!

続く2、3課題も一撃!

しかし、かなり腕がパンプしてる。

そのパンプを解消するためにスラブに並ぶ。
長いこと待って、dadaの番。

スタートスリップ…
一撃を狙っていただけにショックがデカい…(TДT)

自分を落ち着けるために、他の課題へ。

上のクラスとかぶっているのを一つ一撃。
意気揚々とスラブに戻る。

スリップに注意して、なんとか完登!

「イケるじゃん!」とF枝さん。
見てくれてんジャンwwwww
…?
ってことは、やっぱ予選通過が心配だった?wwwww

残り3課題…

残りは全て、上のクラスとかぶっている課題。
もう片っ端から手を付けていくしかない!

列がだんだん長くなり、渋滞核心の様相を呈してきた。
時間的に1課題にかけられるアテンプトは2がいいとこか…

ムーブ自体は、問題ないので、あとは持てるか持てないか…

F壁課題。
2アテンプトでなんとか2K点を取ったが完登できず。

G壁。
これまた、2アテンプト…なんとか完登。

H壁。
一撃を狙いに行ったが失敗。
しかし、これは絶対に落とせる…落としておきたい。
『慎重に…つまんないミスすんなよ…』
自分に言い聞かせて取りつく。
…2アテンプト完登。

最終的に7完登2K点。
この時点では、準決勝進出は微妙だった。
なにしろ、全完登がかなりいるような感じだったから…

リザルトを待つ間、着替えたり、弁当(おとなのむねにく100g、米100g)食べたり、もーせの応援したり、クリフバー試食したり、生ダニエルさん見たり(細い)。

リザルト発表…そして奇跡の瞬間…

準決勝進出!!!!!!

やはり、全完は多かった…10人wwwww
あぶないとこ、最後の課題を完登してなかったらライン下のギリギリの線だった。


さぁ、2日連続のコンペ!
未体験ゾーンに突入!!

どうやって過ごしていいかわからずに、とりあえずちょっと(?)多めに食べて、飲んだ…これは余計か?www
とにかく!
明日も出し尽くす!!!!!!

クライミング4th 167回目(最終模試と時限爆弾)

朝から、どこに行こうか散々悩んだ。

ライムストーン、ロッククラフト、ゼロ、RaB…
浦和や馬場でもいいのだが、どうせ登れないなら、いつもと違った環境がいい。

ロッククラフトは定休だった…
ゼロは、新しいホールドが指にキツそう…
ライムストーンは、打ちひしがれた駅までの帰り道がキツそう…

んで、最終的に、久しぶりのRaB。
コンペ想定課題トライアルの魅力が、混雑の懸念を上回ったww

夜間料金になるのを待って、RaB IN!!!!


懸念していた混雑はなかった。
よかった…

…!
F枝さん的にはよくないですね、スンマソン!!!!

ペルーの彼に挨拶をして、肩を入念に温める。
かおり姐の課題でUP。
1番から順に登っていった。

…相変わらず(ry
8番、スタートの意味がわからずpassした。
とりあえず、10番まで終わらせた。
肩、小指は、まずまずといったところ。

タイマーをセットして、コンペ想定課題とライアルスタート!

初っ端からスタートできないwwwww
モジモジしまくるdadaを見て、ニヤニヤする牛兄…
「俺、4完っすよw」

(#`皿´) ムキーーーー!

撃ちまくるも、結局1完…チーーーン( -_-)
予選落ち決定、日曜はないな。

その後、牛兄とペルーの彼や常連さんとセッション。
厳しい課題でフルボッコにされた挙句に、B-ROCKYで痛めた右腰が大爆発…

明日も軽く登るつもりだったが、絶対安静だな…こりゃ…( p_q)エ-ン

それでも、RaBでのセッションは楽しかった!
…混んでなかったせいもあるかな?www


おまけにRaBでも好評だった、遠征用チョークバックを公開!
BCVz67CCEAAgLoE


どーだーい?
かっちょいいだろー?

クライミング4th 166回目(アルバトロスと馬と鹿)

dadaは、牛でもなければ、大豆でもないので無調整は無理!

ってことで、オートビレイ縛りを心に誓ってGYMへ。

最近の金曜日は、お子様のスクールがあって、到着した時、GYMは、奥様の社交場、託児所、保育園と化している。


…耐えがたい。


入念に肩を暖めて、オートビレイへ。

5.9で、小指の違和感はんぱない。
捻挫が作った新作も、ガバを止められない。
…?
小指のせいじゃないだろ?
言われんでもわかってる。
dadaのブログだ、好きに書かせろ!
嫌なら読まんでよろし。





読みたくない奴はいなくなったか?
よし、続ける。

トップロープも登れないなら、何やっても一緒!
ってことで、禁断のボルダーへ。
しかも、よりによって黒www

当然できるわけもなし。
もう、帰ってヤケ酒…と思っていたところに師匠登場。
そして、Hnkさんが来ると聞かされる。

帰れないじゃんwwwww

Hnkさん到着して、師匠、す先輩、師範代を加えて、抱腹絶倒のアダルトセッション開始!
もちろん、両肩も小指もバリバリ痛い!
でも、めっさ楽しい!
やめられないwwwww

後悔はしてない。
これがdadaの道wwwww
livedoor プロフィール
記事検索
Archives
アクセスカウンター

楽天市場
最新コメント
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ