七転八登

NO CLIMBING, NO LIFE. Never up , Never catch.

クライミング4th

クライミング4th 164回目(呪縛3〜惨劇の始まり)

決勝終了後、いつも通り…いや、いつもより3倍早く500投入!(往生際の悪い発泡酒

牛兄に、愛のこもったダメ出しをされ、藤枝さんから慰めのビールをいただき、コンビニ餃子とHiroちゃん特製チョコレートケーキ(めちゃ旨‼)をつまみながら反省会。

オープンの決勝前、かおり姐が試着のためにワザワザ遠い群馬の地から持って来てくれた、boy denimを試着!
ムラムラ…じゃなくてwモヤモヤしてきた。

ひとまず、お返しして、飲み再開!
す先輩、Hiroちゃん、キッス、dadaで車座になって飲んでいた。
すると、そこへあの人が突然の参加!

あの人…
そう!
予選で、dadaの目を釘付けにしたマクドパフォーマンスをやってのけた、その人の名は!

世界のみやけん‼

ご本人にお会いするのは、初めてではない。
過去、コンペで何回かお見かけしていたが、お話するのは、この日が初めてだった。

実際に話しをしてみて…
ビックリ!(◎_◎;)
まともなのwww
すっごくwwwww

とてもコンペでのパフォーマンスや、UFBで弾けている人と同一人物とは思えなかったw

もちろん、登りの実力は一流。
ミドル決勝の最難課題を靴下で登ってたww…Orz

そして、あのパフォーマンスセンス!!!!!!
勝手ながら、師のひとりと仰がさせていただきます!

…わかってますよ。
登りがうんこのdadaが同じことをやったら、ただの『痛いおっさん』だってことくらい…(¬_¬)

オープンの選手たちが、集中している中、我々は大盛り上がりw
選手のみなさん、ごめんでした…(反省色なし


いよいよ、オープンクラス決勝‼
選手の登りは勿論、みやけんもパフォーマンスに力が入る(ただ酔ってるだけw


決勝も終わり、しこたま飲んで騒いで、傷がちょっと癒えかかっていたdada。
このとき、すでに惨劇の序曲が始まっていた…

さらに傷を癒すために、清水の舞台から飛び降り、かおり姐からboy denimを購入‼
早く履きたくてムラムラ…じゃなくてwワクワクしていたところに先に帰ると言っていたHiroちゃん。

「dadaさん、す先輩が大変…」
…?
「酔って、みんなに絡んでる。」
…Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

とにかく、連れてきてもらうと、boyを買ってご機嫌だったdadaを上回る超ご機嫌な、す先輩…(-。-;

これは、一刻の猶予もならんと判断!
表彰があるはずのもーせを残して、エナ勢に撤収の指示。

す先輩に着替えをさせ、3人がかりで確保。
関係者のみなさんに挨拶を済ませ、品川ロッキーをあとにした。

やっとの思いでバス停に到着すると、ベンチに座らせ、ビニール準備。

バスはなんとか持ちこたえ、電車へ。
ここでHiroちゃん離脱。
キッスとdadaで、す先輩を電車に押し込む。

ちょうどキッスが先輩の家の最寄り駅で乗り換えなので、そこで親方に引渡すムーブを選択。

電車では、順調に先輩を座らせることができ、ひと安心。
途中、かおり姐よりtelあり。
先輩、シューズを忘れていることが判明。
ちなみに、先輩は、捻挫二段が品川に忘れたシューズの回収も任されていた。
…当然、未回収www

dadaは、途中の駅で乗り換えのため離脱。
あとをキッスに委ねた。
このとき、彼が見せた頼もしい笑顔から、このあとの惨劇を予感することはできなかった…


離脱したdadaは、ムラムラ…じゃなくて(しつこいw
ジワジワと悔しさと情けなさが混じった感情が湧いてきた。

ストレスが溜まればお決まりのムーブ。
そう…荒食い。

かなり食った。
そして、枕を涙で濡らしながら眠りについた。
…す先輩、着いたかな?
そんなことを思いながら。。。


翌朝、目が覚めるとiPhoneにメッセージありの知らせ。

確認すると親方からだった。
内容は…


書けない。

ただ、言えることは…
キッス、ぼくたちは、きみのことをわすれないだろう…wwwwwwwww


長々と、3回に分けて書いた、今回のコンペの記事もこれで最後!

最後まで読まれたモノ好きな方、ありがとねw
最後の方は、クライミングの話はゼロでしたけどねw


コンペスタッフのみなさん!
選手のみなさん!
お疲れさまでした!
めちゃくちゃ楽しくて、ちょっと(いや、かなりか?w)ほろ苦い素敵なコンペありがとうございました!!!!!!
また、来年も参加したい!
…?
参加クラス?



さぁ、なんのことでしょ?

クライミング4th 164回目(呪縛2〜終わりの声)

なんか、ホラー映画のタイトルみたいだwwwww


さて、dadaのうんこっぷりの詳細を知りたい方もいるだろうから書くよ。

当日の朝。
体重はまずまず予定通り。

いつも会社に行く時間と変わらずに出発。

予選START時刻は9:40。
このコンペは、予選もベルコンのため、START時間が4分単位で全員違う。

ちょっと早めにロキソニンを投与して、up開始。
なかなか痛みが抜けなかったが、START直前には、アドレナリンとの相乗効果のおかげか、気にならないレベルだった。

いよいよ、START!
食べるタイミングを悩んでいた豆大福をここで投入!
くわえながらオブザベw

第1課題。
ウェルカムで一撃。

第2課題。
K点に設定されたプロジェクトの持ちどころがわからず、完登に3アテンプト。

第3課題。
終了点に出る足を見逃し、2アテンプト完登。

第4課題。
160°カバ課題。
K点取りのムーブを失敗。
これまた一撃を逃し、完登2アテンプト。

予選の最終結果は、4完登8アテンプトだった。

終了時刻は、10:10…
この成績なら、決勝に引っかかるかもしれない。

決勝開始予定時刻、17:00…



…7時間………

こんだけあれば、一杯やっても…とイこうとしていたところ、す先輩に止められるw

そして、dadaは、流浪の民。
応援や、最近、RaBの常連さんたちとコンペで恒例の挨拶「dadaさん、ミドル?」をかわしたり、す先輩の予選でクレーマーと化したりww
あっちフラフラ、こっちフラフラ…落ち着かない。
てか、落ち着く場所がないww

そして、4時間後。
リザルトが発表された。

予選1位…

もう頭の中は、悪夢しか思い浮かばなかった。
みんなから、優勝以外ないとか、やっとミドル卒業できるねとか言わた。
やっちゃいますよー!とは言った。

んが、心の底では底なし沼に片足を突っ込んだ自分しか想像できていなかった。

不安要素しかなかった。
肩もさることながら、左手小指の痛みも深刻だった。

す先輩、もーせ、キッス、牛兄、みる姉も決勝進出

そして、決勝…
ほとんどの選手が1課題目を完登している。
別にプレッシャーがあったわけじゃない。
…いや、あったのかな?

パフォーマンスではなく、玄担ぎと自分自身を落ち着かせるために、豆大福をオブザベで再投入‼


第1課題に取り付いてすぐ、身体に異変を感じた。

…動かない。

そのまま、高度を上げ、K点に指をかけた瞬間、dadaの身体から「しゅーりょー‼」という声が聞こえた。

振り払うかのように、終了点手前のホールドをマッチ。
体制を整えて、終了点に出…ようとした時に足が切れた。



終了…

正直、あとの課題は消化試合のような感覚だった。

MCの豆大福イジリは嬉しかったが、後半は錆びたナイフで切られている感じだった。(実際に切られたことはない
…MCって難しいよねw

最終的には、0完。
呪縛から解き放たれることはなかった。


そして、このコンペは第2幕へ続く‼

クライミング4th 165回目(ZERO さいたま店)

コンペ明けの今日、1/26オープンした『ZERO さいたま店』に遠征。

遠征とは言っても、会社に行くのと全く同じムーブのため、その足取りはちょっと重いww

目的は二つ。
す先輩のシューズ回収とdada自身の心と身体を痛めつける。

いつもの駅で降り、ちゃりに乗ってジムへ。

中に入ると、洒落乙な感じの受付&ショップスペース。

なんか、文章で書いていても伝わりそうにない。
それに、もーせのリクエストもあったので、じむの詳細レポートは、後日、再UPする。

jimmyさんに開店祝いを渡して、登録手続き。
ちょうどOZ学園御一行様もいらしてた。

かおり先生から、先輩のシューズを受け取り、まず、ひとつの目的達成!

登り始めて、すぐサプライズ!
ひでぽん登場!

ひでぽんのUPにお付き合い!
速攻でついていけなくなった(当たり前w

遠征用に新調したチョークバックは、ひでぽんにも好評!
使い勝手にも大満足‼
dadaのセンスも捨てたもんじゃないんじゃない?ww

そうそう、久しぶりにカズ園長の登りも見たが、やっぱ強いわ。

んで、dadaはひとり2Qツアー開始。
いつもの3アテンプト/課題で10課題。

完登できたのは、4本だったかな?

そして、3Qへダウングレードして、ツアー開始。

完登は…覚えてないw

今日、撃ちまくって分かったこと。
コンペ明けとはいえ、両肩、左手小指の状態は、かなり深刻…
なにしろ痛てぇーんだよ!!!!

この日は、決勝でやっちった右腰にも激痛あり…




なんだコレ…
おっさんの故障日記かwwww

書いてて、嫌になってきた…

そんな感じで打ち拉がれているところに、昨夜の惨劇の主人公、貞子…いや、す先輩登場!

かおり姐とdadaに平謝りwww
シューズを自身で回収されていかれましたとさw

dadaも身も心もズタボロになって終了。


そういえば、かおり姐がグロウのプロトを履いておった。
ん〜渋い!
しかし、dadaはピンクのほうが…www

クライミング4th 164回目(呪縛)

B-ROCKY2013@品川

結果だけ…
ミドルクラス7位でした。
チャンチャン♪

クライミング4th 163回目(ぇびちゃんに会いたくて〜プロ誕生!)

B-Rockyに向けての最終調整。
OSトレがしたくて、RaBに行くか、久しぶりの馬場に行くか悩んでいた。

すると、ぇびちゃんともーせから馬場へのお誘い。

もーせはともかく、ぇびちゃんとは一年以上会ってなかったので、馬場にケテイ‼

仕事をちょいと早く上がり、馬場に到着。
ジムを覗くと、ピンク度が低くなっていたが、やっぱりピンクなぇびちゃんがいたw

速攻で飯食って、肩温めて、愚痴って、壁へ。
アップのつもりで長手に手を出す。
んが、半分も行かない…馬場の洗礼。

何回かやったが、やっぱり無理…

このままでは、終わってしまいそうなので、アップ終了!

ぇびちゃんとセッション開始‼

考えてみれば、コンペで会ったことはあるが、こうしてセッションするのは初めてだった。

遅れて、アップ終了したもーせが合流し、2Q3アテンプトツアーをやった。



ま、こんなもんだろ。
完登率2割…ってことかな。

あー、週末が思いやられる…

dada同様、精彩を欠いていたのは、ぇびちゃん。
登りこみが足りてない様子。
かつての輝きが…
本人も自覚しているようで、コンペ復帰に向けて、頑張るとのことだった。
ピンクに輝くぇびが戻ってくるのに、そう時間はかからなだろう‼

セッションの途中、レストで久しぶりにがっくんとおしゃべりタイムw

が「dadaさん、本戦進出おめでとうございます。」
da「あざっす!」
が「本戦は来月ですか?」
da「そう。でも、その前に今週末にコンペ」
が「え⁇連戦じゃないですか⁉もうプロですねw」
da「どこの世界にミドルクラスに出るプロがいるww」
が「いいじゃないですか!年齢的にもミドルだし…『プロミドルクライマー』‼」
da「あ、カコイイwww収入も中途半端にクライミングからあるしなww」

こうして、全てにおいて中途半端な立ち位置の『プロミドルクライマー』が誕生した‼


そのぇびちゃんが離脱し、セッションも終了間近になると、dadaに着きまとわる茶色イガグリ…

…マイケルだぁ。

livedoor プロフィール

dada

記事検索
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
最新コメント
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ