七転八登

NO CLIMBING, NO LIFE. Never up , Never catch.

BLoC

クライミング10th 139回目(BLoC 勝1rd Be born Climbing Gym)

2年2ヶ月ぶりのBLoC。

マスタークラスが新設され、ミドルでワンチャンあるかな?と参戦。


…現実は、それほど甘くなかった。



オブザベの段階では、8課題中7課題は登れるかな?…と思ってた。
ミドルはエントリー数が多いため2グループに別れ、俺は後半。
前半組の登りを見ていると、どーも5完登できれば御の字…か?
で、予選スタート。
6、1、2、3、5は登れる。
7、8は粘って、なんとか…4は捨て…と読んでいた。

6はウェルカムの4Qくらい(dadaの体感)…一撃。
1…3Q…一撃。
2…3Q…一撃。
あ、こりゃイケるかも(勘違い)ww
3…2Q…ZONEは取れたが、終了点取り失敗。
5…2Q…ZONEのみ。
7…1/2Q…ダメ。
8…1/2Q…ダメ。
4…1/2Q…ダメ
スタートダッシュは良かったものの…ここまで。
3T4Z…
決勝ラインは、おそらく7完登。

泣き言を言うつもりはないが、もうBLoCは俺が楽しめるレベルのコンペではないことを痛感した。


さて、とりあえず食うか。

センスのないお手伝いさん=オレ

浦和でのコンペのお手伝い。
2Fで全クラスのジャッジをやってからの決勝MC。

MCとはいっても、そんなにカッコのいいもんじゃない。
マイクは無いから地声。
選手の資料もないから、大声で応援してギャラリーを煽るだけ。
もっとスマートに面白く出来ると思っていたけど…俺には無理だなww
声が通るだけじゃダメだ…やっぱセンスが無いと…


さ…飲むか…

断腸の思いと心変わり

BLoC第2戦ロッククラフト川越をキャンセルした。

今朝の記事を書いた時までは、出る気でいた。
しかし、折れてなくても、何もしてない状態で痛む指。
この状態で出て、得られるものが今のBLoCにあるのか?

冷静になって考えた。

確かに先週末は、ここまで痛くはなかったが、痛めた状態で3戦に出た。
それには、3戦全てに出るべき価値(理由)があったから。
beast…たとえ登れなくても年間順位がかかってる。
そして、ベルコンは楽しく、スタッフの応援が嬉しい。
tnfc…高額の参加料を前払いしてる。
maru fes…楽しいお祭りコンペ。そして、盛り上げ役を仰せつかっていた。

こう考えると、今の俺にとって、今のBLoCは…
指の状態を押してまで『出たい』と思えるコンペではなくなっていた。
出なくなることはないと思うが、もーTシャツ欲しさに出ることはない。


さて、ポッカリ空いた週末と胸の奥は、どーすべかな?

クライミング8th 138回目(BLoC 8th〜1rd UNDERGROUND)

調子は悪くなかった…と思う。
にもかかわらず、最初に取りついた簡単な課題の完登に4アテンプトかかるという大失態。

結局、5完登。
(決勝進出には7完登+Bが必要だった)
出だしの失敗もさることながら、全課題において思い切りが足りなかった。
…いつものことだが…
そのくせ、余分な力が入りまくって、無駄アテンプトを重ねる悪循環。

…正直、内容的には最低だった。

ま、こんなときもあるさ!

…って、最近、こんなときばっかだけど…

予選終了後、汗が乾く間もなくジムをあとにし、ダメ人間のワンダーランド(赤羽)へ…

クライミング8th 24回目(BLoC 7th FinalRound〜Fish & Bird)

一週間の中国出張…
調整することはできなかったが、Last BLoCのつもりで挑んだ。

今回は50分×2ラウンド。
オブザベの結果、6本はイケると思ってた。

前半…
一番最初は、慣らしのつもりで簡単め。

…身体が重い…
なんとか登れたが、ヤヴぁかった。
もう1本の簡単めも、必死だった。
最初1本目で、指の痛みは全開。
両肘、両前腕も疼き始める。
そして、次のカチ課題…
予想通りのカチ具合。
握りこむたびに前腕が痺れる。
右カチを握りこんでハイステップ。
カウンターを切った瞬間…右肘と前腕に激痛!
しばらく、うずくまったまま立ち上がれんかった。
結局、前半は2完登で終了。

インターバルの間、セルフマッサージを続けたおかげか、少しは痛みが和らいで、後半開始。
後半最初の1本は、あのカチ課題。
出来るだけ、スタンスで腕のストレスを減らす。
いや、減ってないらww
だから握りこむ!
声が出る。
気合いの声ではなく、痛みからの声。
なんとか完登。
両肘、前腕はもちろん、両指から火の出るような痛み。
この後、何度も終了点落ちする課題はあったが、完登はできなかった。

最後のBLoCは3完登で終了。
ま、こんなもんだろ…

終わった後、す先輩と反省会。
色々と話を聞いて貰った。

そして、傷ついた身体を引きずり東陽町を後にしましたとさ。

おしまい
livedoor プロフィール

dada

記事検索
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
最新コメント
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ